東京探偵社ALG vs. 響・エージェント - 浮気調査でどっち選ぶ?

東京の浮気調査に強い探偵事務所【評判・口コミ】

浮気調査はどこに頼んだらいいのでしょうか?どこの探偵社が良いのでしょうか?

 

夫や妻の浮気に悩む人にとって新たな悩みどころです。それだけに、探偵選びに迷った挙句、結局自分たちの手で解決しようとする人が多いとか。

 

しかし、浮気をパートナーに認めさせることは至難の業。問い詰めたところで”しら”を切られて終わりです。ラインやメールは

 

冗談でやっていただけ。

 

と言われたら終わりです。芸能ニュースとは違って、決定的な証拠になりません。

 

それどころか、問い詰められたパートナーが警戒を強めてしまうと、もう素人では証拠をつかむことは、不可能です。

 

 

とは言うものの、探偵社選びは、普段の生活でなじみがないだけに難しいですよね。実際、安易に選んでひどい目にあう事も。

 

 

悪徳探偵社の実態

 

探偵社は各都道府県に届け出を出せば、誰でも立ち上げられます。探偵になるのに資格は何も必要ありません。それこそ、あなただって明日から探偵を名乗れるのです。

 

それだけに、ピンからキリまで色々なレベルの探偵社が混在しているのが実情です。最悪のケースではこのようなこともあり得ます。

「浮気調査ならX探偵事務所。プロの仕事で結果を出して見せます!」。

 

夫の浮気を疑っていたAさんはネットで探偵事務所探し。たまたま見たこのX探偵事務所のサイトを見て

 

やっぱり、浮気調査はプロが安心だわ。

 

そう思い、さっそく緊張しながら連絡すると、

 

「詳しく話を聞きたいので、電話では何ですからオフィスにおいでください。もちろんご相談は無料ですよ!」

 

Aさんが言われた通りの住所に着くと、そこはマンションの1室。

 

「ここが事務所?」

 

Aさんは、ちょっと不安に感じながらも、入っていくと、ビシっとスーツを着こなした、いかにも仕事のできそうな印象の愛想の良い男性が。この探偵事務所の代表、Xです。

 

さっそくAさんが夫の不審な行動を相談すると、

 

「Aさん、残念ながら旦那さんは間違いなく浮気してます。決定的な証拠を突き付けて、制裁を加えてやりましょう!」

 

依頼者の心理に巧みに付け込んで浮気調査に同意させます。

 

しかし、いざ契約してみると待てど暮らせど連絡がありません。心配になってXに連絡してみると、

 

「追加の調査をしています」。

 

 

数週間後、ロクな調査報告書もなしに、Xは電話で、

 

「旦那さんは浮気をしていませんでした。でも追加調査含め200万円かかったのでX月X日までに支払っていただきます」。

 

Aさんはビックリです。

 

「そんな高額なの?相談の時には数十万円と言ってたのに・・」。

 

と疑問に思ったものの、浮気調査には同意しているので、払わない!と言う勇気もなく、これで平穏な日常が取り戻せたのだから、と自分に言い聞かせ、ローンで支払うことに。

 

しかし、数か月後、夫から突然、

 

「離婚してくれ」。

 

何が何だか分からず、別の探偵社に頼んで尾行してもらったところ、夫には内縁の妻がいることが発覚しました。

 

先のX探偵事務所に抗議したところ、

 

「我々の浮気調査の後に始まったのでは?」

 

と言い逃れされて泣き寝入り。弁護士に相談しても

 

「どうしようもありません。よくある悪徳探偵事務所に引っかかったんですね。典型的な手口です」。

 

「探偵業は何の資格もいらないので、探偵経験のない自称探偵のような人がたくさんいます。おそらくAさんの引っかかった探偵事務所も、ろくに浮気調査もしていないでしょう」。

 

 

それでは、と気を取り直して、夫、浮気相手から慰謝料を取ろうとするものの、弁護士からは

 

「取れますが、取れても慰謝料はせいぜい200〜300万円です」。

 

とのアドバイス。最初の調査料200万円に2回目の調査料数十万円を払ったら、もう何も残りません。

 

これからどうしていけば・・・。

 

Aさんは途方にくれました。

探偵社の選び方

 

上の例は極端では?

 

と思う方がいるかもしれませんが、実は私の実体験です。国民生活センターの報告書や探偵事務所で聞いたケースをもとに少々脚色していますが、このようなケースはいくらでもあるそうです。

 

では、どのような探偵事務所に頼めばよいのでしょうか?私の結論は次の通りです。

 

 

ちゃんと浮気調査をしてくれる

 

当たり前ですが、大前提で上の例ではつまづいていました。

 

「でも、どうやって本当に浮気調査をしているか確かめるの?」

 

一番簡単な方法は、

 

  • 浮気調査の最中にリアルタイムで連絡が取れるか?
  •  

  • 浮気調査の最中の様子を動画で撮影してくれるか?

 

この2点を探偵事務所に質問してください。その回答が

 

「調査員が調査に集中しているので調査中の連絡はムリ」。

 

などと言って断ってくるところは疑った方が良いかもしれません。なお、動画撮影に関しては、浮気調査の報告書で提出される証拠写真や動画でもOKです。

 

 

浮気調査を成功させる能力がある

 

これも当たり前です。確認する方法は、

 

  • 成功報酬に応じるかどうか。

 

調査が成功した場合と、そうでない場合とで料金を分けて見積もりを出してくれる所は、自分たちの調査力に相当自信があると思って間違いありません。

 

もちろん、今までの調査実績とか、探偵社の経歴も重要ですが、それだとて、本当かどうかわかりませんし、水増しされている恐れもあります。

 

 

料金は明示されていて、追加請求なし!

 

国民生活センターに届けられた探偵事務所のトラブルで最も多いのは金銭トラブルです。

 

「そんなに高額になるとは言われなかった!」

 

実際に、ふたを開けてみたら見積もりの倍になっていた!というケースは非常に多いです。見積もり時にはなかった「諸経費」や「機材費」、「車両使用料」などなど、何十万円単位に増えることも。

 

なので、見積もりから追加料金がかからない料金体系の探偵事務所を選びたいですね。

 

さらに、料金の明示も重要です。実は、上のような探偵事務所ほどではないにしても、大手探偵事務所の中には料金が明示されておらず、探偵事務所のオフィスに行って初めて料金が開示されるところが非常に多いです。

 

なぜ事前に料金を明示しないのでしょうか?それは、他社よりも高額な料金だからです。なので事前に見せてしまうと、探偵事務所に来る前に”ふるい”にかけられて選ばれなくなるから。

 

そこで、大手探偵社の中には、料金は隠して、あくまで「大手であることの安心感」を掲げて事務所まで来させ、女性相談員という名の”名うての営業マン”が、あの手この手で口説き落とす戦法を取っているところが多いのです。

 

パートナーの浮気に悩んでいる人は、その後の自立した生活の事も考える必要があります。その手前の浮気調査で何百万円も払っている余裕はありませんよね。そこで、料金を明示してくれる探偵事務所というのがボったくらない良心的な探偵事務所選びの一つの基準になります。

 

 

おすすめの探偵社

 

私が個人的に気に入ったのが、弁護士事務所の運営する2つの探偵事務所です。弁護士がやってるだけあって、不正請求などの好い加減なことは決してしません、と宣言しています。

 

当たり前ですよね。本業ではない探偵業で鵜性を働いて「悪徳弁護士事務所」のレッテルを張られては元も子もありませんから。

 

 

東京探偵社ALG

 

何と弁護士法人の経営する探偵事務所。その強みは、調査力はもちろん、業界一を誇る明朗会計。証拠をつかんだ後のフォローも、もちろん万全です。離婚に強い弁護士が控えています。

 

 

 

 

響・エージェント

 

こちらも浮気調査に強い弁護士が代表を務める探偵事務所です。明朗会計で、料金体系も最安値と良心的です。もちろん、調査後には、夫婦問題専門のカウンセラーや必要なら弁護士も控えてくれているので安心です。

 

 

 

 

 

 

関連ページ